白髪染めはじめます!

知っているようです意外と知らない白髪染めについて
 

白髪染めを始めたきっかけは

| コメント(0)

30代半ば、または後半になってくると誰もが白髪で悩み始めますよね。
そして、初めての白髪染めというのは戸惑うものですし、不安も多いです。
また、人によっては20代後半から白髪に悩み、白髪染めを使いはじめるケースもあるようです。

白髪染めはいつ始める?line.gif
白髪染めを使いはじめるタイミングはいつがいいのでしょうか。
それはもちろん、その人本人が使いたいと思った時が一番いいのですが、具体的には白髪染めする以外の対処法がなくなった時、がいいかと思います。

私の場合は、最初白髪を見つけるたびに切っていたんです。
根本の方で切って、なるべく抜かないように気をつけていました。
そして、とりあえず、たまに白髪を見つけては切っていれば、もう白髪が見つからなかったので、白髪染めをする必要がありませんでした。
ですが、いつからかいくら切っても新しい白髪を見つけてしまうようになったのです。なので、もう白髪染めを使う以外には白髪を隠す方法はないな、と悟りました。

 

美容室に行ってみたline.gif

白髪染めで人気が高いものといえば、美容室での白髪染めですよね。

自分でやるような面倒さもなく、しかもとても綺麗に仕上げてくれますし、一度美容室でやってもらうともう自分ではできない・・と感じてしまうくらいです。
とはいっても、白髪は刻々と新しく生えてくるものですから、その都度美容室に通うのはお財布的にかなりきついですよね・・

自分でやってみたline.gif

私も本当は美容室だけで白髪染めを済ませたいと思っているんですが、やっぱり経済的にそれは許されないので、まずはお手頃価格のものから始めました。

こちらの記事も合わせてどうぞ>>>美容師が白髪染めのコツを伝授します

生え際専門の白髪染めなどを使ったりなど、部分染めを自分で頑張っています。

全体染めを一人でするよりは遥かに簡単にできるので嬉しいのですが、生え際なだけに頭皮に近いので結構怖いんですよね・・

そこで、白髪染めを買いに行くことにしたんです。

より安心な白髪染め探しline.gif
特に私は肌が敏感な方なので、最近はもっと安心して気軽に使える白髪染めがないものか、と色々と調べるようになりました。
そこで、見つけたのが最近かなり注目を集めているといわれている、トリートメント感覚の白髪染めです。
トリートメントって、普通は素手で行いますし、髪の毛にとって害になるものではありませんよね。
そんな感覚のまま、白髪染めができるのがこのタイプの魅力です。
ただし、かなり頻繁に使い続ける必要があるのがデメリットかもしれません。

今ではどこでも気軽に白髪染めを買うことができ、スーパーでもいつもの夕飯の買い物のついでに見つけることも可能ですし、自宅にいながら通販で購入することもできます。

 

 

37e829f96037039552aa8c8d8cdadb4d_s.jpg

酵素ドリンクを飲むことによって、体の代謝が活発化して、さらに血の流れが良くなります。

体がなんだか重いと思っていた方も、血液がさらさらに改善することで、

通常時の体の調子を取り戻すことができます。

 

血液が汚れてしまったり、ドロドロになってしまうワケは

不規則な食生活やタバコ、アルコールの取り過ぎが挙げられます。

特に食生活の要因は直接、血液に影響を与えます。

もし手足に痺れなどの症状があるならば、ドロドロ血液の

予備軍の可能性がありますので、気を払っておく必要があります。

salad2.jpg

サラサラ血液にしてくれる酵素ドリンクline.gif

ドロドロ血液の改善として酵素ドリンクを利用することも有効でしょう。

私たちの体は酵素なくては活動を行っていくことができないのです。

酵素が必要な成分を分解して、栄養として体を補助してくれたり、

逆に不要な老廃物を体外へ排出してくれるのですから。

しかし、現在の多くの方は、この重要な酵素が減少してしまっているのです。

ですから、積極的に酵素ドリンクを飲むことで

酵素成分を身体に補給するのがいいでしょう。

サラサラの血液は、血圧を安定してくれて疲れを減らしたり、

精神的いらいらを緩和してくれるのです。

これでストレスが溜まりがちな生活も改善できるでしょう。

こちらも参考にしてみて下さい→酵水素328選

美容師が白髪染めのコツを伝授します

ここ数年泡カラーの発売とともにホームカラーにシフトチェンジするお客さんが増えている。

美容師としては当然美容室でのカラーリングをすすめている。
自分たちの儲け以前に、髪にとって断然その方がいいので。。
美容室では5000円以上取られるし、長時間座りっぱなしで年配の方には正直つらい。
しかし、ホームカラーは白髪浮き、色持ちの悪さ、毛先のダメージ。
美容師からすれば百害あって一利無しである。

7588aad5b5becf773059da0b80149ed4_s.jpg

それでもいろいろな事情でホームカラーにしなければいけない方に私が伝授しているカラー特に白髪染めのカラーのコツがある。

美容師が教える白髪染めのコツline.gif

arrow08-009.gif今の髪の明るさにきっちり合ったカラー剤を選ぶ
 暗すぎると毛先に色が入った場合明るくするのが困難)

arrow08-009.gif毛先はリンスやトリートメントをつける
 毛先につけるとカラー剤が付いても浸透しづらくダメージもふせげる

arrow08-009.gifはえ際、わけ目にはコットンを貼付ける
 白髪は他の毛に比べて立ち上がりやすいのでしっかり薬と密着させる

arrow08-009.gif乾かないようにラップやシャンプーキャップをかぶる
 このときラップの上からタオルを巻くと熱が加わりしっかり染まる

arrow08-009.gif説明書の放置時間以上置かない
 決まった時間を超えると傷むだけで濃く入る訳でもありません

arrow08-009.gif薬を乳化する
 洗面器などにお湯をため少しずつ頭皮にお湯をかけてなじませる

arrow08-009.gif乳化後しっかりと薬を流しシャンプーをする
 薬が流れ出る心配はありません頭皮のためにしっかり流してください

arrow08-009.gifリンスしない

arrow08-009.gifドライヤーで完全に乾かす

一手間どころでなく面倒だがコシ、ハリ、ツヤなんかも保たれるのでぜひやって頂きたい。

白髪染め選びで迷ったらコレを見てね!→白髪染め ランキング

髪や頭皮に優しい白髪染め

a0001_016512.jpg

007151s_mini.jpg白髪染め選びに迷ったら・・・
実際に白髪染めを使用した体験談が見られるサイトです。
【知らなきゃ損する】市販の白髪染めおすすめ商品を徹底検証!

白髪染めにはいろいろな種類があります。


白髪染めの種類line.gif

大きく分けると、

  1. ヘアカラー
  2. ヘアマニキュア
  3. スプレーなどの一時的なタイプ

に分けられます。

それぞれに、メリットとデメリットがあります。

ヘアカラーの話line.gif

ヘアカラーは、一度の使用でしっかりと白髪を染める事ができますが、その反面、髪や頭皮にはかなりの負担がかかります。
一度痛んでしまった髪の毛は、なかなか元には戻りません。
強力な白髪染めを使った為に、髪質が変わってしまう可能性もあります。

人気の白髪染めシャンプーline.gif

最近人気があるのは、白髪染めシャンプーですね。
その名の通り、シャンプーするだけで白髪染めができるという商品です。

arrow08-009.gifメリット

一番のメリットは、髪や頭皮を傷める事なく、白髪染めができる点です。

即効性はありませんが長い目で見ると、自然に染まり髪や身体にも負担がないやさしさがメリットです

arrow08-009.gifデメリット

一度でしっかりと染める事はできず、何回か継続して使用する必要があります。

PPP_petbajiru500.jpg
実際に、髪を傷めたくない為に、ヘアカラーから白髪染めシャンプーに変えた、という方が沢山いるんです。
ヘアカラーやヘアマニキュアと違い、ムラなく染める事ができるのも嬉しいですよね。
トリートメントタイプの白髪染めもシャンプーと同様、最近人気です。

白髪染めとおしゃれ染めの違いとは?!

白髪が目立つ人の中には全く何もしていないのではなく依然として「おしゃれ染め」をしてる人が意外と多いものです。
白髪が少ない頃はおしゃれ染めでも問題ないですが量が増えてくるとだめなんですね。
おしゃれ染めと白髪染めの違いっていったい何なのでしょうか?

003_10241-520x390.jpg

おしゃれ染めline.gif

おしゃれ染めは元ある色素を脱色したうえに色を浸透させることで綺麗に好みの色に染め上げる事ができます。
イメージでいうと色素を入れ替えるという感じになると思います。

なので透けそうな明るい茶色(ほぼ金髪)なんかでも綺麗にしっかりと色がつくのです。
しかし色素がない白髪に対してはほとんど薬剤が染み込まず見事に白髪だけが残ってしまいます。うっすらと色づいても数日で白髪が目立つようになります。

白髪染めline.gif

一方白髪染めの場合ですが、こちらはおしゃれ染めのような脱色効果は全くなく今ある毛色の上から染め上げていきます。
ですので明るい色を選んだはずなのにいざ出来上がってみたら思っていた色よりずっと暗いじゃないか!という事になりがちなのです。
今ある毛色の上に色をのっけていくので染める前の髪色が濃いほど染め上がりもぐっと暗くなりますし、白髪とそうじゃない毛の染めむらが出ることもあります。
ですので白髪の割合が多い方はあまり明るい色に染めあげるのはむずかしいです。
かといって染めむらのない黒々した染料を選ぶと今度生えてきた白髪がとっても目立ちますので、その辺を考慮して選ぶことが大事ですね。

髪に優しい通販の白髪染め

白髪は放っておくと老けて見られてしまうので、白髪染めをマメに使って染めなくてはなりません。
しかし、自分で染めるのは結構な手間で、しかも綺麗に染めるのは大変です。

しっかり塗っているつもりでも、ムラになってしまったり、色が思ったように染まらなかったりします。
美容院に行くと、綺麗に染まって長持ちもしますが、どうしても頻繁に染めなければ間に合わない為、費用がかかります。
白髪染めも使い過ぎると、どんどん髪も痛んできますよね。

そんな人におすすめなのが、トリートメントタイプの白髪染めです。

トリートメントタイプのおすすめポイント!line.gif

お風呂に入った時に、毎日簡単に使えて、トリートメントの代わりに使えるのです。
普通のトリートメントよりは割高ですが、白髪染めを買わなくて良くなるのでそんなに差はないと思います。

髪の毛や頭皮をしっかりケアしながら、白髪も染めてしまうという優れものです。
毎日使う事で艶のある髪質になり、毎日染まるので白髪を気にしなくても良くなります。
毎日使うほど白髪が増えていない状態であれば、毎日のシャンプーで色は少しずつ落ちるので、少なくとも1週間に1度は使った方が良いようです。

今は白髪染めトリートメントは、色んな種類でカラーも豊富になってきているので、自分に合った物を探してみると良いでしょう。

最近話題の白髪染め情報チェックするならコチラ→白髪染め 通販

 

bathroom2.jpg

白髪染め考

ブラシと手鏡(1).jpg年に二回位は美容室で全体染めでそれ以外は自宅で染めることが多いです。
白髪はポツポツと出ている感じで生え際あたりに出始めると少し目立ちます。
産後、授乳で白髪が増えてきたような気がします。

泡タイプline.gif

全体染めでお気に入りなのは泡で染めるタイプです。
先日もやりましたが、生え際にのせたところ、おでこやほほについた液がシミになってしまい、
何日かとれませんでした。
銘柄も増えてきているし、技術も進歩しているだろうから、店頭にどんどん新しいのが
並んできていますが、どれがいいのか?高いからしっかり染まるのか?いまいちよくわかりません。

トリートメントタイプline.gif

それに最近気になるのはトリートメントタイプ
トリートメントしているうちに自然に染まる?
即効性は?どれくらいの頻度で使うのか?謎だらけです。
まだ、30代なので白髪染めコーナーでずっと迷うのも少し恥ずかしいし。

 

checkbox_checked.pngニオイなし、汚れにくい、短時間、色が落ちにくい

 

そんな白髪染めがあれば間違いなくリピートするのに、色々と銘柄を試してもコレ!と思う商品になかなか

出会えない私です。
ヘナというのも自然っぽくていいなと思いますが、いまいち染めあがりに不安を感じます。
へナみたいな自然派の商品を見ると通常の白髪染めは体に悪影響あるのかなーなんて少し思ってしまいます。

市販の白髪染めについて

woman2.jpgスーパーなどで販売されている市販の白髪染めは、自分で白髪染めすることができ短時間で済ませる手軽さから、市販の白髪染めを使う人が多く、美容室で美容師さんにカラーをしてもらうよりいいという人もいます。

美容室での白髪染めline.gif

プロにお任せすれば白髪は分からなくなり綺麗に仕上げてもらえるので、たとえ時間やお金がかかっても美容室で、カットのついでに白髪染めのカラーをしてもらえます。

自分で白髪染めline.gif
プロに任せれば間違いないけど、でも時間や費用のことを考えると、自分でやってしまおうというときには、ちょっとしたポイントがあります。

販売価格も手ごろで短時間でできることから、自分でやってもいいと思う人もいますが、多少の商品知識を勉強してから使用することをオススメします。

arrow08-009.gif染めムラに注意

染まり具合を鏡を見てチェックしながらやりましょう。

染める量の加減によってはムラが生じることがあります。

arrow08-009.gifにおいは覚悟の上で?!

白髪染めの独特のにおいが苦手という人もいます。

ツーンとした鼻につくにおいですが、最近ではそのにおいを軽減した商品や、嫌なにおいのないトリートメントタイプのような白髪染めもありますので、自分に合う白髪染めを見つけるためにも、商品知識は多少なりとも勉強しておくと失敗が少なくなりますよ。

arrow08-009.gif髪以外の部分に付けないように注意
肌に白髪染めの液が付着して、なかなか落ちないという事もあります。

自分で白髪染めをするときには、特にこの点に気を付けながら行う必要があります。


初めての人でも使いやすい白髪染めを探そう

| コメント(0)


白髪染めなど、髪の毛を染める時には、美容室などで染めてもらうのが安心で確実です。

でも白髪は染めてもまた生えてくるし、つねにきれいな髪を保つためにはかなりひんぱんにカラーリングをしなければなりません。
仕事や家事などに追われて忙しい人も多いでしょうし、美容室でカラーをするのはお金もけっこうかかるものなので、まめに通うのは大変ですよね。
GAK96_tesuriniokaretahanataba500.jpg

そんな時に便利なのが自分で染められるカラーリング剤です。
スーパーやドラッグストアで手に入れらることができ、価格もリーズナブルで、お手軽なのが嬉しいところ。
使い方も簡単なので、初めての人でも使いやすいカラーリング剤がたくさん販売されています。

よくあるタイプの白髪染めは2種類の液剤を混ぜ合わせてカラーリング剤を作り、髪にむらなく塗っていき、ある程度の時間を置いたあと洗い流し、シャンプー・コンディショナーなどで仕上げるというもので、誰でも気軽に試すことができる商品です。
ただ染めている時のツンとするニオイがきつい場合があったり、また敏感肌の人だと肌がかぶれてしまうようなこともあるので、使用前にはパッチテストなどをしておくことが大切です。

最近の白髪染めはニオイもやさしくて、刺激が少ないものが多いので、気軽に挑戦できそうですね。